派遣やアルバイトの場合

カードローンの利用にあたっては、在籍確認が行われます。その人が申告した職場に勤めているかどうかを確認します。これは、派遣社員などでも同じです。

 

現在、カードローンは正社員だけでなく、派遣社員や契約社員、もしくはアルバイト、パートでも申込み可能な所が多いです。申込み可能でもあり、審査も通常通り行われます。融資可能と判断されれば在籍確認の電話はあります。

 

しかし、派遣社員やアルバイトならではの、在籍確認の電話では都合が悪いケースもあります。例えば派遣社員の場合、人数が多すぎて、事務員が社員の氏名を把握していないケースもあります。また、大きな規模の会社では、在籍確認を取ろうと電話をしても、個人情報保護の観点から情報を提供してもらえないケースもあります。

 

アルバイトの場合、電話がかかってくること自体が本当にありえないので、個人名で名乗ってこようが関係なくカードローンだとばれてしまうような環境かもしれません。
このように、どうしても在籍確認の電話が困る場合には、どうしたらいいのでしょうか。正解は素直に、正直に相談するのがよいでしょう。

 

これこれこういう理由で在籍確認の電話は困ると相談すると、別途書類を用意するなどの代替案を提示される場合があります。

 

ただし元々の審査基準が厳しい銀行のカードローンの場合には、派遣やアルバイトの方で電話連絡による在籍確認が取れないと、審査の通過も難しくなってしまいます。ネットで手軽に申し込みができるみずほ銀行の即日融資カードローンの場合においても、電話で確認が取れないと利用は難しいです。