在籍年数などの条件

カードローンの審査時には、その人が申告した職場に在籍しているかを、電話で確認します。職場に電話をかけられていい気のする人はいません。それでも電話をかけるあたり、申告した職場に在籍しているかどうかがいかに重要なのか想像できます。

 

職場もそうですが、審査時には雇用形態や在籍年数なども質問されます。派遣社員よりは正社員の方が、在籍1年未満よりは5年以上の方が、審査で有利そうなのは想像ができます。問題なのは、実際に自分が派遣社員であったり、勤続1年程度であったりした場合です。子の場合、審査には落ちてしまうのか、対策はあるのか、これは気になるところだと思います。

 

まず、派遣社員やアルバイトでも、勤続年数が短くても、カードローンが組めないという訳ではありません。もちろん低金利な所など、審査が厳しそうな所を選べば、落ちる可能性は高くなります。しかし、消費者金融など、審査が厳しくなさそうなカードローンを選べば、審査に通る可能性は十分にあります。

 

ただし、契約社員や勤続年数の短い人がカードローンを組む時には、借入れ希望額を少なめに申告した方が良いでしょう。勤続してそれ程経ってない人に対して多額の借入れとなると、カードローン会社側も躊躇してしまいます。希望額を少なめにした方が、審査には通りやすくなります。

 

在籍年数が短い場合には大きな金額を借りるキャッシングのおまとめローンを利用することは難しいのです。