カードローン契約で必須となる在籍確認の進み方を知る

カードローンの在籍確認

カードローン申込み時には審査があります。その人に返済能力があるかどうかを確認するにあたって、収入面は非常に重要です。中には、審査に通るために、勤めていないのに会社名を記入する人もいます。そのため、審査時には、その人が本当に申告した会社に在籍しているかどうかを確認します。それが在籍確認です。

 

在籍確認の方法

ほとんどのカードローン会社では、在籍確認は電話で行われます。直接会社に電話をして聞くのですが、カードローン申込者の中には、在籍確認を心配する人がたくさんいます。カードローン会社から電話が入ったら、自分がカードローンを利用しようとしているのが同僚や上司にばれてしまうかもしれないからです。

 

しかし、カードローン会社の方でもその点は承知しています。在籍確認では、その人が会社に在籍しているという確認さえ取れればいいので、余計な話は一切しません。現在カードローン利用経験者は10人に1人以上と言われています。

 

それでも社内で、カードローン利用のうわさが立つようなケースはほとんどないと思います。それは、カードローン会社側でも、会社にばれないための様々な配慮がされているためです。

 

 

在籍確認でばれない理由

まず、電話口でカードローンの会社名は一切名乗りません。電話はあくまでも個人名でかけてきます。

 

「鈴木と申しますけども、○○さんいらっしゃいますか?」

 

といった具合に、あくまで個人的な電話のようにかけてきます。

 

これは、どこのカードローン会社であっても同じだと考えて大丈夫です。貸金業法によって、第三者にカードローンの利用がばれる行為は禁止されています。つまり、会社に対してカードローンの会社名を告げて連絡をするのは法律違反なのです。

 

また、会社へ電話がかかってきた時の着信履歴を心配する人もいます。着信履歴からそのカードローン会社の窓口だとばれてしまわないかを心配するのです。この点も先に配慮がされています。一般に公開されているカードローン会社の連絡先番号とは、別の番号から在籍確認の電話がかかってきます。着信履歴からばれる心配も不要です。

 

さらに、在籍確認の電話を自分が取れるように、ある程度の調整ができます。在籍確認の電話には様々な配慮がされています。相手もプロなので、ばれないように工夫をしてくれるのですが、それでも心配という人はいます。そのような時には、自分が職場にいる時間帯に電話をかけてくれるなど、相談に乗ってもらえます。

 

このように、カードローン会社側で、ばれないように様々な工夫をしているので、在籍確認の電話でカードローンの利用がばれる可能性はほとんどありません。

 

もしそれでも電話が不安であれば、申し込み時にでも相談をしてみると良いでしょう。どの程度の対応までしてくれるかは分かりませんが、消費者金融のプロミスの場合には申し込み後すぐに相談をすることで、何らかの方法をとってくれる可能性があります。

 

不安に感じる方は申し込み前に店舗で相談をしてみるのも良いので、担当者に話が聞ける店舗があるさいたま市のプロミスを利用してみましょう。

 

在籍確認の判定とタイミング

在籍確認の電話では、本人が出られなくても問題はありません。本日はお休みを頂いている、外出している、などの言質が取れれば、それで在籍確認は終了です。

 

もちろん本人が出ても問題はありません。自分で電話に出た場合でも、長話をするわけではなく、在籍確認が取れましたと言われて終わりです。とにかく本人がその会社に在籍しているとわかればいいのです。

 

また、在籍確認は審査時に行われます。審査の一環として在籍確認があるので、在籍確認の電話は問題がなかったのに、最終審査に落ちるのは割に合わないでしょう。ばれないとはいえ、会社に電話までかけておいて、最終的には貸してくれないのは身勝手に感じるかもしれません。

 

カードローンの審査について、在籍確認は最終審査のようなタイミングで行われます。そのため、在籍確認まで進めばほぼ借りられると考えてよいでしょう。もちろん在籍確認が取れなければ審査に落ちる可能性もありますが、本当に貸せると判断できる段階まで進まなければ、職場に電話がかかってくる前に落されます。

 

在籍確認は審査の流れの中で重要な部分であり、融資の可否を決める上でも外せない手続きです。お金を借りるためには避けて通れませんが、最近では銀行で借りるオリックス銀行の手続きでも在籍確認は個人名で行われるようになっているので、安心して申し込みが進められます。